アクリロニトリルスチレン共重合体

AS(アクリロニトリルスチレン共重合体)の特徴

AS樹脂は、ポリスチレンと同様、透明な非晶性のプラスチックである。

ABS樹脂の様に剛性や耐衝撃性でポリスチレンよりも優れているが、通常品は熱変形温度はポリスチレンと同程度である。また、ガラス繊維と組み合わされてエンジニアリングプラスチックとして利用される場合もある。

  • 耐熱温度は80~100℃で透明性や耐熱性に優れている。

  • 耐酸性、耐アルカリ性は良好だが、アルコールに長時間触れると不透明になる。

  • 引張強さや耐衝撃性に優れた材料で、表面に引っ掻き傷等がつきにくい。

AS(アクリロニトリルスチレン共重合体)の主な用途

熱に弱いが加工しやすいので、日用品や家具類として汎用される。

  • 扇風機の羽、冷蔵庫トレー、ジューサー部品、透明製品のハウジングなどの家電製品

  • メーターカバー、ランプレンズなどの自動車部品

  • 化粧品容器、歯ブラシ、ライターなどの雑貨品

  • お役立ち資料
  • 資料請求
  • よくあるご質問
  • 無料相談申し込み