低密度ポリエチレン

私たちパンテックがご支持いただく最大のポイントは取扱い可能なプラスチックの樹脂が豊富だという事です。有価物化したい、今までの業者様が回収できなくなったなど、お困りのお客様はぜひ一度ご相談ください。

LDPE(低密度ポリエチレン)の特徴

低密度ポリエチレン(LDPEまたはPE-LD)は、他のポリエチレンと比較し軟らかい性質から軟質ポリエチレン、製法から高圧法ポリエチレンとも呼ばれる。低密度ポリエチレンとは密度0.910以上~0.930 未満のポリエチレンと定義されている。

なお、分岐構造をあまり持たない低密度ポリエチレンも存在するが、これはリニアポリエチレン(直鎖状低密度ポリエチレン、L-LDPE)として、JIS K6899-1:2000にて区別される。

  • 比重0.92前後と軽い。

  • 乳白色半透明。フィルム成形するとほぼ透明になる。

  • 無味無臭。

  • 衝撃強さに優れる。

  • 耐水・耐薬品性に優れる。

  • 耐寒性に優れる。実用温度は-60℃程度までと低い。

  • 耐熱性に劣る。融点は100~115℃、実用温度はそれより低い。

  • 耐水性および無機溶剤に対する耐薬品性に優れる。電気的絶縁特性が比較的良い。

  • 耐候性は低く、日光など紫外線や熱に晒されていると劣化する。

  • 燃やすと構造が同じパラフィンのにおいがする。

  • 加工性に優れ、各種添加剤を低減した成形が可能。

  • LDPEはフィルムとして用いられる場合が多い。

LDPE(低密度ポリエチレン)の主な用途

  • ホース、食品包装、ゴミ袋、内包緩衝材(プチプチ)、マヨネーズ容器

  • 農業用の黒いフィルム

  • 衛生手袋

  • 水撒きホース

  • 容器類やタッパーウェアの半透明なふたなど

  • お役立ち資料
  • 資料請求
  • よくあるご質問
  • 無料相談申し込み