ポリスチレン樹脂

私たちパンテックがご支持いただく最大のポイントは取扱い可能なプラスチックの樹脂が豊富だという事です。有価物化したい、今までの業者様が回収できなくなったなど、お困りのお客様はぜひ一度ご相談ください。

PS(ポリスチレン樹脂)の特徴

PSは、大きく分けて2種類あり、透明な汎用ポリスチレン(GPPS)、ゴムを加えたポリマーアロイで乳白色の耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)が代表的。

GPPS

  • 透明性が良く、光透過性はガラスに近い。しかしアクリルより劣る。

  • 軽量で比重はPP、PEに次いで小さい。

  • 成形しやすく、溶融粘度が低く、溶融時の熱安定性も良い。着色も自由にできる。さらに成形品の寸法安定性が良い。

  • 電気的特性に優れ、体積抵抗率と絶縁破壊強さが高い。誘電率と誘電正接が低い。高周波特性が良い。

  • 耐候性は、PMMAには劣るが、耐放射線性はプラスチックの中でも最高位。

  • 耐薬品性は、酸、アルカリ、塩類など優れた耐性を持つ。

  • 発泡させやすく、軽量で断熱効果が高くなる。

  • 軟化温度が低く、連続耐熱温度は、60~80℃。

  • 耐衝撃性が良く、硬いが脆い。

  • 油類、有機溶媒類に弱い 軟化、溶解する。

HIPS

耐衝撃性向上のため、GPPSにゴムを配合したもの。(ポリマーアロイ)

  • 耐衝撃性が向上 汎用PSの5~10倍強い。 ゴムを増量した分向上。

  • 耐熱性、剛性の低下 一般的にゴムを配合した分、耐衝撃性以外の諸物性が低下し、透明性も無くなる。

PS(ポリスチレン樹脂)の主な用途

  • 家電製品: 冷蔵庫(トレー)、照明器具、テレビ(拡散板)、PC・プリンタ・FAX・オーディオ機器・エアコンなどの筺体など。

  • 自動車分野: メーターカバー、ランプレンズなど。

  • 建築材: 断熱材、浴室壁材

  • 理化学・医療分野: シャーレ

  • その他、食品トレー、カップめんの容器など。

  • 日用品やプラモデルの素材

  • 発泡スチロールは断熱容器として、また、最近は建築材料としても広く用いられている

  • お役立ち資料
  • 資料請求
  • よくあるご質問
  • 無料相談申し込み