2014.01.17

中国における「AQSIQ輸出ライセンス」の更新について

  • お知らせ

株式会社パンテック(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:黒木 政明)は、このたび、中国における「AQSIQ廃プラスチック・廃繊維輸出ライセンス」を更新しましたのでお知らせいたします。

AQSIQ(中華人民共和国国家質量監督検験検疫総局)は、リサイクル原料供給企業に対して「登録管理制度」を設け、ライセンスを発行しており、中国へ再生資源を直接輸出できるのは、AQSIQより許可を受けた企業だけになります。

AQSIQは、リサイクル原料の輸入時に、有害物質が中国に不法に輸入されるのを未然に防ぐため、「貨物積込み前検査」を実施するよう定めております。
AQSIQより指定された検査機関であるCCIC・JAPAN株式会社及び日中商品検査株式会社が、中国の法律と規定に基づき、環境面と衛生面の検査を行い、検査合格証明書を発行しております。

パンテックは、AQSIQの登録管理制度がスタートして間もない2005年9月に「廃プラスチック輸出ライセンス」を取得し、2012年7月に「廃繊維輸出ライセンス」を追加取得し、この度、両ライセンスの更新をいたしました。

パンテックでは、これからも引き続き、法令の遵守 (コンプライアンス)とCH(Customer Happiness)を最重要課題に掲げ、再資源化のテーマに取り組んでまいります。

  • お役立ち資料
  • 資料請求
  • よくあるご質問
  • 無料相談申し込み