ポリアリレート

PAR(ポリアリレート)の特徴

PARは、透明の非晶性スーパーエンジニアリングプラスチックです。

ポリカーボネートを上回る耐熱性を有している。

  • 耐衝撃性や耐クリープ性および耐磨耗性に優れる。

  • 高い弾性を持ち、特にばね圧縮からの回復性に優れる。

  • 耐薬品性に優れるが、強酸やアルカリには侵食される。

  • 繊維化やフィルム化が容易。ただし射出成形時の流動性はやや悪い。

  • 優れた耐熱性。(連続耐熱140℃、荷重たわみ175℃、ガラス転移193℃)

  • 透明性。(ポリカーボネートと同等の全光線透過率:89%)

  • 機械的強度に優れる。(降伏伸度が高い、耐クリープ性、耐衝撃性、高弾性)

  • 優れた耐候性、紫外線遮蔽性。

  • 難燃性である。(UL94V-0)

  • 強酸・強アルカリには侵食される。

  • 成形時の流動性が悪い。

PAR(ポリアリレート)の主な用途

  • 照明機器や熱風吹き出し口部品

  • CD等のターンテーブル

  • 自動車部品の方向指示器レンズ

  • キャップランプケース

  • ストーブ関連部品

  • 時計枠

  • カメラのストロボ部品類

  • お役立ち資料
  • 資料請求
  • よくあるご質問
  • 無料相談申し込み