ポリエーテルエーテルケトン

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)の特徴

PEEKは、スーパーエンプラの代表格であり、 高価ながら耐熱性、機械的強度、耐薬品性など優れた熱可塑性高機能プラスチック。

  • 熱可塑性樹脂としては非常に高い耐熱性を有し、は約140℃。ガラス繊維などフィラーによる強化グレードでは300℃を超える。

  • 耐疲労性に優れる。PEEKは耐磨耗性や寸法安定性も良好。

  • 耐薬品性に優れる。

  • 絶縁性や耐放射線性に優れる。

  • PEEKは加工性に優れ、通常の射出成型機での加工やフィルム化・不織布化も可能。

  • 非常に高価である。

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)の主な用途

  • 電線被膜や電気・電子関連部品。

  • エンジンなど高温部での使用を含む自動車関連部品

  • 航空宇宙関連の材料部品。

  • 鉛フリーはんだ素材、電子回路基板など。また、耐薬品性や耐腐食性機能を生かし、薬品・溶剤・腐食性ガス製造ラインの部品にも活用される。

  • お役立ち資料
  • 資料請求
  • よくあるご質問
  • 無料相談申し込み