ポリフェニレンスルファイド

PPS(ポリフェニレンスルファイド)の特徴

PPSは、黒褐色で、高い耐熱性を持ち、フィラー充填グレードの荷重たわみ温度は260℃以上。

また、強度や剛性がきわめて高く、耐磨耗性にも優れる。

  • 耐熱性、高温特性に優れる。(熱変形温度260℃。連続使用温度170-200℃)

  • 高い機械的強度。(弾性、クリープ、疲労、磨耗に強い)

  • 耐薬品性に優れる。(濃硫酸以外の酸、アルカリ、有機溶媒にも強い)

  • 寸法安定性 (精密成形に適している)

  • 燃えにくい。

  • 優れた電気絶縁性。

  • 衝撃、磨耗性が弱い。

  • ガスが発生しやすい。

  • バリが出やすい。

PPS(ポリフェニレンスルファイド)の主な用途

機械適性の良さから、多くの機械・機構部品に使用される。

  • ギヤ・コネクタ、絶縁部品・ランプハウジングなどの電気部品

  • バルブ、キャブレター部品、燃料系や油圧ポンプ部品などの自動車部品

  • 歯車、ピストンリング、ポンプ羽根などの機械部品

  • プリント基板

  • 高周波配線材料、電磁波遮断材料等

  • お役立ち資料
  • 資料請求
  • よくあるご質問
  • 無料相談申し込み