2018.10.22

びわ湖環境ビジネスメッセ2018出展致しました。

この度、2018年10月17日(水)から19日(金)の三日間にかけて、京都銀行様共催のもと、びわ湖環境ビジネスメッセ2018に出展いたしました。


イベントの趣旨としては、新たなビジネスの機会創出がメインテーマ。ですが、今回は視点を変えて学生や一般の方々にフォーカスさせていただきました。今回、主だってお話させていただいた内容は下記3点です。
①『リサイクル』とは具体的にどういう取り組みなのか。
②私たちが出す『ゴミ』がどうやって新たな『製品』へと生まれ変わっているのか。
③地球環境問題にパンテックがどのように貢献できているか。

常々耳にする『リサイクル』という言葉。弊社と同業界に携わっておられる方であれば、このワードを聞いた時、どういう作業工程やコストが生じるかを想像することは容易いことかもしれません。ですが、一般消費者にとって『リサイクル』はまだまだ馴染みのないもの。

昨今、全世界中で注目を浴びるプラスチックを取り扱う私たちだからこそ一人でも多くの方に循環型経済及び社会の必要性を伝えるべき使命がある。故に、今回は営利目的ではなく環境意識に対する啓蒙活動の一環として取り組ませていただきました。

今回の出展にあたり、プロジェクトリーダーが掲げたテーマは『世のため、人のため。』リーダー主導のもと、メンバー全員が『利他』の心をもち、ご来場いただいた皆様一人一人と真摯に向き合い、お話をさせていただきました。

そのうち、社会科見学で会場を訪れていた高校生の皆様には、弊社で持ち込んだ機械を実際に操作してもらい、自分たちで作成したコースターを持ち帰っていただきました。

実際ブースに訪れた方にお話を伺うと『家庭から出たプラスチックが、どのようにして
また自分たちの手元へ姿を変えて戻ってくることが分かった。』
『リサイクルがどういったものかを理解出来ただけでなく、環境問題をもっと身近に
感じることができて勉強になった』とのお言葉を頂きました。

これからも既存の事業領域だけにとどまらず、パンテックとしてできることをより多くの皆様へ発信し、地球環境に対する取り組みを強化してまいります。

まとめ

サンプルCTA
  • お役立ち資料
  • 資料請求
  • よくあるご質問
  • 無料相談申し込み